金融商品取引法とは

金融商品取引法とは


金融商品取引法1金融商品取引法とは、国民経済の健全な発展と投資者の保護を目的とした法律です。


金融商品取引法は、証券取引法などを根本的に改正したもので、金融商品に関しての取扱を規制したり、情報の開示が求められたりします。以前は証券取引法や金融先物取引法で別々に定められていたルールが、今回の金融商品取引法によって一本化され、投資家に対する環境整備がなされました。


証券取引法は有価証券について、金融先物取引法は金融先物取引についてそれぞれ定められていたのですが、両者の隙間を突いた金融商品の登場により、投資家にとっては非常に厳しい状況が作り出されていたことが、金融商品取引法の成立の背景となっているのは間違いありません。