金融商品取引法の本格施行

金融商品取引法が本格施行されるわけ


金融商品取引法金融商品取引法が本格施行されるわけとして注目すべき点は、やはり投資家の保護という点ではないでしょうか。金融商品取引法が本格的に施行される以前は、法律の隙間を突いた金融商品による投資家や消費者の苦情が年々増加していました。ということは、投資家を保護するために投資環境を整備しなければなりません。


金融商品取引法が制定されなければ、金融商品ごとにばらばらに制定された法律がある中で新しい金融商品への対応ができず、悪徳商品であっても法律の隙間を突いて投資家が被害をこうむるケースがますます増えていくでしょう。金融商品取引法が本格施行されるわけとしては、上記のようなことがあったために一括して統制する必要に駆られて制定されたのではないでしょうか。