金融商品取引法施行の経緯

金融商品取引法の施行の経緯としての村上ファンドの一件


金融商品取引法金融商品取引法の施行の経緯として、村上ファンドの件が挙げられることがよくありますが、株式の公開買い付けに関して現行の法律ではルールが不明確な点があったため、金融商品取引法では株式公開買い付けに関するルールも明確にしました。


現行の法律では、市場内外の取引を組み合わせた急速な買い付けに株式公開買い付けは義務付けられていませんでした。よって、村上ファンドがルールの甘かった点を突いて阪神電鉄の大株主になったのです。施行の経緯として村上ファンドの件が挙げられるのは、ルールの甘さが現行法で露呈してしまったからではないでしょうか。


金融商品取引法が施行されると、株式公開買い付けだけでなく様々な規制が強化されます。他にも金融商品取引法の施行にあたっての経緯はライブドア事件など色々ありますが、村上ファンドの件は教訓になったのではないでしょうか。


金融商品取引法施行の経緯


金融商品取引法金融商品取引法施行の経緯として、やはりライブドア事件や村上ファンドの件などが発生したことが挙げられるのではないでしょうか。ライブドア事件は粉飾決算、村上ファンドはインサイダー取引と、現行の証券取引法が甘かったことを露呈した好例といえるでしょう。というわけで、2つの事件が金融商品取引法施行の経緯となったのは良くわかると思います。


証券取引法の甘い部分を抜本的に改正し、法律の抜け穴を防ぎ、罰則を強化することで投資家を保護することが金融取引法の目的のひとつです。今回制定された金融商品取引法が施行されることで、再び上記のような事件を起こさないことが求められます。施行の経緯をよく理解した上で投資家も次の投資について考えてみるのも良いかもしれません。