金融商品取引法の目的

金融商品取引法の目的とは


金融商品取引法の目的金融商品取引法の目的として挙げられるのが、投資者を保護すること、市場機能の確保、金融市場と資本市場の国際化への対応を図ることです。


今までの証券取引法がベースとなっている金融商品取引法ですが、金融市場を取り巻く環境がめまぐるしく変化することに対応し、法律の隙間を縫った金融商品を規制することで利用者の利便性を向上させることも目的としています。また、元本割れリスクのある金融商品の勧誘や契約時の規制を強化し、投資家保護を厚くするということも金融商品取引法の目的のひとつであり、金融商品取引法によって市場が公正なものとなることで世界中からの信頼を得ることができるのです。公正でない取引が実際多かったため、金融商品取引法の施行の効果が表れるのが楽しみです。