金融商品取引法施行のメリット

金融商品取引法施行のメリットは規制しやすいということ


金融商品取引法施工のメリット金融商品取引法を施行するにあたって、施行のメリットはもちろんたくさんあります。


まず施行のメリットとして挙げられるのが、金融商品取引法が金融商品の取扱に関する規制を一本化するため、規制をかけやすくなるという点です。また、今までばらばらだった金融商品ごとの法律をまとめたためにルールが定まり、投資家の保護がしやすくなるという点、金融商品の登録が一度で済むという業界側のメリットも挙げられます。


金融商品取引法の施行のメリットとしての最たるものは、やはり国にとって規制がしやすいということだと思われます。規制の対象としてはもちろん金融商品を取り扱う金融業界でもありますし、逆に投資家も規制の対象に入っています。投資家に対しては無茶な投資をしないようにという意味で規制の対象としているようです。


金融商品取引法施行のメリットである市場の透明化


金融庁と金融商品取引法金融商品取引法施行のメリットとして、市場が透明化するという点が挙げられます。


村上ファンドの村上世彰元代表の逮捕は記憶に新しいと思いますが、金融商品取引法にはファンドの規制強化も盛り込まれています。ファンドの規制を強化することが金融商品取引法施行のメリットと結びつくのかという疑問を持つ人もいると思います。例えば、金融商品取引法が施行されてからは、株式の大量保有に関する報告書の開示の頻度が高まります。


以前は3ヶ月ごとにまとめて翌月15日までに報告というものだったのが、2週間ごとにまとめて5営業日以内に報告というふうに変更になります。金融商品取引法施行のメリットである市場の透明化ですが、市場に大きく影響する投資ファンドの規制が強化されることで、投資家にとっては大きな意味合いを持ってくるのではないでしょうか。


金融商品取引法施行にあたってのいくつかのメリット


金融商品取引法のメリット金融商品の取引に関する法律は、現在までは証券取引法という名前で通ってきましたが、今回の改正にあたって金融商品取引法という名前に変更され、企業側にとっていくつかのメリットも生まれました。


金融商品取引法に変更されてからは内部統制を強化しなければならず、金融業界はリスク商品の販売にあたってシステムを再構築しなければならなくなりました。そのため、コンサルティング業界やシステム開発に携わる業界は今まさに特需と言っても良いくらいのニーズがあるのです。


上記の業界にとって、金融商品取引法の施行は大きなメリットです。コンサルティング業界などにとっては、施行のメリットとして特需が起こったことが新たなビジネスチャンスを生むことにもなり、金融業界もシステムが万全になることで業態の見直しができるので、金融商品取引法が施行されることが日本経済にとっての新たなスタートになるのではないでしょうか。