金融商品取引法施工後の変化

金融商品取引法の施行によって、金融業界はどのように変わるのか


金融業業界の変化金融商品取引法の施行によって、金融業界はどのように変わるのでしょうか。


大手の金融機関や保険会社はコンプライアンス体制の強化などに対して準備をするなど、2007年秋の施行に向けて、少しずつではありますが変わってきています。金融商品取引法は投資家の保護を最たる目的としているため、三菱東京UFJ銀行は元本割れのリスクなどを完璧に説明できるように専門員を早期に配置したり、みずほ銀行は研修の徹底や対応マニュアルを作成したりと施行にあたって徐々に変わりつつあります。


おそらく、金融商品取引法の施行までに、全ての金融機関が投資家にとってリスクのある金融商品を勧誘する際の説明を徹底させるものと思われます。逆に、徹底させるくらい変わらないと金融機関の信用が落ちてしまうことになりかねないでしょう。


金融商品取引法の施行によって、証券業界はどのように変わるのか


金融商品取引法施工後の変化金融商品取引法の施行によって、証券業界はどのように変わるのでしょうか。


金融商品取引法は情報の開示を厳しく徹底している法律であるため、証券業界にとっては大きなビジネスチャンスとなる可能性が高いようです。証券業界がどのように変わるのか、最も大きな点として挙げられるのがリスク商品を取り扱っていることによる証券会社の存在の再評価という点ではないでしょうか。


リスク商品を扱うということは、商品説明をきめ細かくしなければならないということが必ずついてくるため、
今回金融商品取引法が施行された際に、現在までの積み重ねがある証券業界はお客様からの信頼感をさらに勝ち取ることができるというわけです。証券業界は、今後事業の拡大を進めていくでしょう。証券業界の今後の変化に着目していきたいと思います。