金融商品取引法は、個人投資家の保護を目的としている


個人投資家の保護金融商品取引法は、個人投資家の保護を目的としています。


そのため、金融商品取引法は金融機関、証券会社、保険会社などに対して元本割れリスクがある金融商品の説明を必ず徹底するように義務付け、個人投資家を保護するようにしました。


実際、国民生活センターには毎年多くの金融商品に関する苦情が寄せられています。2004年度は約5,700件、2005年度になると約10,000件と苦情は年々増加しています。生活に必要なお金まで失う被害が多発したため、金融商品取引法の制定が今後どのような結果を生み出すか楽しみともいえるのではないでしょうか。個人投資家、あるいは高齢者などの保護のために金融商品取引法は制定され、2007年秋の施行に向けて着々と動きだしています。