金融商品取引法は個人投資家の中でも特に高齢者を保護することに重点を置いている



個人投資家高齢者の保護金融商品取引法は個人投資家の中でも、特に高齢者を保護することに重点を置いているかもしれません。


以前の法律ではうまい具合に抜け穴があったため、悪質業者の摘発や悪質販売員の発見がしにくかったのですが、新しく金融商品取引法が制定されてからは、金融商品のリスクに関する説明を徹底しなければならないため、以前よりも個人投資家の保護が徹底され、被害が増えることはなくなってくると思われます。


ただ、金融商品取引法が制定されるとはいえ、悪質業者から身を守るにはやはり判断力を鈍らせないようにすることが求められます。個人投資家たちは、自分で自分を保護できるようになっておかないといけません。リスクのある金融商品を購入する際は、慎重になることが自分自身を守る方法のひとつであることを覚えておきましょう。