金融商品取引法によって個人投資家の保護のルールが一本化


個人投資家の保護金融商品取引法によって個人投資家の保護のルールが一本化されるようです。


以前の法律では、元本割れのリスクがある商品の販売の際、商品によって、もしくは販売業者別に販売に関するルールが分けられており、規制をうまくかけることが難しかったようです。金融商品取引法の制定によって、ばらばらに分かれていたルールをひとつにまとめることができ、法律のすき間を抜けた悪徳業者による被害を未然に防ぐことが可能になり、個人投資家の保護が強化されます。


三井住友銀行の金利スワップも、具体的な販売ルールというものがなく、結局は業務停止処分を受けることになった金融商品です。今後はリスクのある金融商品に関しては必ず説明を徹底し、個人投資家の保護を強化していくことが念頭に置かれます。