金融商品取引法の詳しい内容


金融商品取引法の内容4金融商品取引法の内容に関しては、私を含めた一般の人はなかなか知る機会がないと思います。


金融商品取引法とは、現行の証券取引法を抜本的に改正したものです。内容としては株式や債券、外国為替証拠金取引(FX)などの売買に関して、規制を一本化する法律です。改正された点として挙げられるのが、個人投資家の保護に重点を置いている点、情報に関する開示制度を拡充する点、取引所の自主規制業務の適正な運営の確保、不公正取引などへの厳正な対応をする点です。


金融商品取引法の内容は多岐にわたるものとなっていますが、現在までばらばらに定められていた金融商品に関する法律をひとつにまとめたものであると覚えておくと良いでしょう。