金融商品取引法の規制や罰則などに関する内容


金融商品取引法規制や罰則金融商品取引法の規制や罰則などに関する内容は次のようになっています。


業者の業務などの規制に関する内容ですが、まず、原則として登録制とします。登録業者は第一種金融商品取引業、第二種金融商品取引業、金融商品仲介業に分類されます。また、投資ファンドの登録と届出も義務化されます。


元本割れのリスクのある商品、すなわち変額保険や外貨預金などに関しては説明の義務などの規制が厳しくかけられます。投資家を特定投資家と一般投資家に分け、特定投資家については規制が緩和されます。そして、金融商品取引法の罰則に関する内容ですが、粉飾決算など違反行為があった場合ば最高10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金へと引き上げられます。金融商品取引法で規制がかなり厳しくなりますが、施行まで余裕があるため企業はじっくり準備できるのではないでしょうか。