金融商品取引法施行のメリットは規制しやすいということ


金融商品取引法施工のメリット金融商品取引法を施行するにあたって、施行のメリットはもちろんたくさんあります。


まず施行のメリットとして挙げられるのが、金融商品取引法が金融商品の取扱に関する規制を一本化するため、規制をかけやすくなるという点です。また、今までばらばらだった金融商品ごとの法律をまとめたためにルールが定まり、投資家の保護がしやすくなるという点、金融商品の登録が一度で済むという業界側のメリットも挙げられます。


金融商品取引法の施行のメリットとしての最たるものは、やはり国にとって規制がしやすいということだと思われます。規制の対象としてはもちろん金融商品を取り扱う金融業界でもありますし、逆に投資家も規制の対象に入っています。投資家に対しては無茶な投資をしないようにという意味で規制の対象としているようです。