" /> 金融商品取引法の内容の一部である投資家に関する内容:投資初心者のための:こう変わる!金融商品取引法ガイド

金融商品取引法の内容の一部である投資家に関する内容


金融商品取引法の内容2現行の証券取引法を改定して新しく施行される金融商品取引法の内容の一部に、投資家に関する内容があります。


金融商品取引法では、投資家を一般投資家とプロの投資家の2種類に分類することになっているようです。一般の投資家とは、老若男女問わず個人の投資家であったり、あるいは高齢者で金融商品を購入しようとしている人などのことです。一方のプロの投資家とは、純資産のほか、預貯金などを除く金融資産が3億円以上あることや1年以上の取引経験がある人などのことを指します。


金融商品取引法は、投資家を2種類に分けることで、一般投資家への金融商品に関する説明を徹底するということとプロの投資家に対しては規制を外すということで、フレキシブルに対応しつつ投資家を保護するという考えです。内容としては投資家を保護することが大前提なので、一般投資家も安心して金融商品を購入できるようになると思われます。