金融商品取引法施行にあたってのいくつかのメリット


金融商品取引法のメリット金融商品の取引に関する法律は、現在までは証券取引法という名前で通ってきましたが、今回の改正にあたって金融商品取引法という名前に変更され、企業側にとっていくつかのメリットも生まれました。


金融商品取引法に変更されてからは内部統制を強化しなければならず、金融業界はリスク商品の販売にあたってシステムを再構築しなければならなくなりました。そのため、コンサルティング業界やシステム開発に携わる業界は今まさに特需と言っても良いくらいのニーズがあるのです。


上記の業界にとって、金融商品取引法の施行は大きなメリットです。コンサルティング業界などにとっては、施行のメリットとして特需が起こったことが新たなビジネスチャンスを生むことにもなり、金融業界もシステムが万全になることで業態の見直しができるので、金融商品取引法が施行されることが日本経済にとっての新たなスタートになるのではないでしょうか。