金融商品取引法施行にあたって金融庁が用意した資料


金融商品取引法と金融庁新しく金融商品取引法が施行されますが、一般消費者にとってわからないことだらけである金融商品取引法の内容をわかりやすく説明した資料を金融庁が用意しています。


というのも、国内の投資環境は国民の金融分野における知識が不足しているためかなり悪く、金融商品取引法が施行されてからも悪徳業者とのトラブルに巻き込まれる可能性が高いからです。金融庁の見込みでは、団塊世代の退職に伴う退職金の発生が今後3年で50兆円に達するということで、個人資産を運用する人が増えるのではないかという予想をたてています。


「新しい金融商品取引法制について」、「はじめての金融ガイド」刷新版などの金融庁が用意している資料を参考にして、金融に関する知識を早急に仕入れることが個人資産をうまく運用していく第1歩となるのではないでしょうか。