個人投資家の保護

金融商品取引法によって個人投資家の保護のルールが一本化


個人投資家の保護金融商品取引法によって個人投資家の保護のルールが一本化されるようです。


以前の法律では、元本割れのリスクがある商品の販売の際、商品によって、もしくは販売業者別に販売に関するルールが分けられており、規制をうまくかけることが難しかったようです。金融商品取引法の制定によって、ばらばらに分かれていたルールをひとつにまとめることができ、法律のすき間を抜けた悪徳業者による被害を未然に防ぐことが可能になり、個人投資家の保護が強化されます。


三井住友銀行の金利スワップも、具体的な販売ルールというものがなく、結局は業務停止処分を受けることになった金融商品です。今後はリスクのある金融商品に関しては必ず説明を徹底し、個人投資家の保護を強化していくことが念頭に置かれます。


金融商品取引法では個人投資家の保護のために説明の徹底が義務付けられる


個人投資家の保護2個人投資家を保護する目的で制定された金融商品取引法では、販売側に説明の徹底が義務付けられています。


元本割れのリスクのある金融商品を販売する際、金融機関側は必ず十分な説明を個人投資家に対して行わなければならず、もし説明が不十分であることが立証されると巨額の損害賠償を求められることが定められているのです。


金融商品取引法の最大の特徴は、個人投資家の保護のために説明責任の範囲を大幅に拡大したことが挙げられます。例えば、近年販売が急増している投資信託や変額年金保険なども元本割れのリスクを含む金融商品ですので、十分に説明する義務が販売側にはあります。金融商品取引法施行後は、商品の内容を契約前に書面で詳しく説明することが義務付けられ、個人投資家の保護が徹底されます。


金融商品取引法は個人投資家の中でも特に高齢者を保護することに重点を置いている



個人投資家高齢者の保護金融商品取引法は個人投資家の中でも、特に高齢者を保護することに重点を置いているかもしれません。


以前の法律ではうまい具合に抜け穴があったため、悪質業者の摘発や悪質販売員の発見がしにくかったのですが、新しく金融商品取引法が制定されてからは、金融商品のリスクに関する説明を徹底しなければならないため、以前よりも個人投資家の保護が徹底され、被害が増えることはなくなってくると思われます。


ただ、金融商品取引法が制定されるとはいえ、悪質業者から身を守るにはやはり判断力を鈍らせないようにすることが求められます。個人投資家たちは、自分で自分を保護できるようになっておかないといけません。リスクのある金融商品を購入する際は、慎重になることが自分自身を守る方法のひとつであることを覚えておきましょう。


金融商品取引法は、個人投資家の保護を目的としている


個人投資家の保護金融商品取引法は、個人投資家の保護を目的としています。


そのため、金融商品取引法は金融機関、証券会社、保険会社などに対して元本割れリスクがある金融商品の説明を必ず徹底するように義務付け、個人投資家を保護するようにしました。


実際、国民生活センターには毎年多くの金融商品に関する苦情が寄せられています。2004年度は約5,700件、2005年度になると約10,000件と苦情は年々増加しています。生活に必要なお金まで失う被害が多発したため、金融商品取引法の制定が今後どのような結果を生み出すか楽しみともいえるのではないでしょうか。個人投資家、あるいは高齢者などの保護のために金融商品取引法は制定され、2007年秋の施行に向けて着々と動きだしています。